72回一般社団法人日本めまい平衡医学会代議員総会議事録
       

日 時:平成251113日(水)14時〜
場 所:シェラトン都ホテル大阪 4F 浪速の間西

1.    定時代議員総会を開催した

 議決権のある代議員総数80名、出席代議員数(委任状による者を含む)62
 以上のとおり代議員・理事の出席があったので、定款の規定により、理事長・渡辺行雄が議長として、本代議員総会は適法に成立した旨開会を宣し、議事録署名人として、代議員より下郡博明会員、五島史行会員を指名、承認して議事に入った。

2.    山根英雄会長より挨拶があった。

3.    平成25年度事業報告に関する件
1)       71回総会および学術講演会を平成241128()30()に喜多村健会長の下に東京都で開催した。
2)       評議員会および専門会員の会を平成241128()に東京都で開催した。
3)       学会運営のための理事会及び持ち回り理事会を12回開催した。
4)       平成25131日をもって日本めまい平衡医学会を解散し、同年21日をもって一般社団法人日本めまい平衡医学会を設立した。
5)       代議員選挙を行った。
6)       30回医師講習会を平成2574日(木)〜6日(土)に近畿大学・土井勝美会員の担当により、大阪市で開催した。
7)       43回平衡機能検査技術講習会を平成25716日(火)〜20日(土)に都立広尾病院・矢部多加夫会員の担当により、東京都で開催した。
8)       平成25年度夏期セミナーを平成25727日(土)に東京都で開催した。
9)       編集委員会を6回開催し、Equilibrium Research715号〜第724号を発刊した。
10)    専門会員申請・手続きを改定し、ホームページの該当欄をリニューアルした。
11)    専門会員の資格審査を行い、稲垣太郎、藤本千里、坪田雅仁の3名を承認、高橋真有を有資格者とした。 
12)    一社)日本めまい平衡医学会認定めまい相談医制度に係わる事業を推進した。
13)    平成24年度掲載原著論文から選考し、学会賞を授与した。
14)    めまい疾患診断基準の改定について協議した。
15)    検査機器の規格について協議した。また検査機器の使用マニュアルについて協議し作成した。
16)    保険改訂要望項目を提出した。
17)    各種委員会など必要な会議を開催した。
18)    日本耳鼻咽喉科学会主催による「関連する学会懇談会」に出席し、関連学会との連絡をはかった。
19)    めまい疾患診断基準に関して、バラニー学会との連携をはかった。
20)    2013622-26日に石川和夫会長の下に秋田市で開催した「2nd Joint World Congress of ISPGR and Gait & Mental Function(国際姿勢歩行学会)」を後援した。
21)    平成25年度入会承認者数84名、退会者数39名で、平成25831日現在における会員総数は1,711名。その内訳は正会員1,651名、名誉会員17名、発表会員32名、賛助会員 11社である。 
以上が伊藤壽一理事より報告された。

4.    日本めまい平衡医学会解散時計算書類報告 及び平成25年度 貸借対照表及び正味財産増減計算書に関し、承認を求める件
 日本めまい平衡医学会解散時(平成25131日)収支計算書ならびに財産目録が土井理事により説明報告され、さらに江上監事により平成25220日に会計監査を行ったことが報告された。
 また一般社団法人日本めまい平衡医学会初年度(平成2521日から平成25年度831日迄)貸借対照表及び正味財産増減計算書及びその内訳に関し土井理事より書類の提出と説明報告があり、さらに江上監事により平成25919日に会計監査を行ったことが報告されたところ、満場異議無く承認された。

5.    平成26度事業計画報告
1)       72回総会および学術講演会を平成251113()15()に山根英雄会長の下に大阪市で開催する。
2)       73回総会および学術講演会を平成26115()7()に肥塚 泉会長の下に横浜市で開催する準備を行う。
3)       役員の改選を行う。
4)       学会運営のための理事会を適宜開催する。
5)       代議員総会および専門会員の会を平成251113()に大阪市で開催する。
6)       ワークショップを必要に応じ開催する。
7)       31回医師講習会を平成26710()12()に秋田大学・石川和夫会員の担当により、秋田市で開催する。
8)       44回平衡機能検査技術講習会を平成26714()18()に神戸市立医療センター中央市民病院・内藤 泰会員の担当により、神戸市で開催する。
9)       平成26年度夏期セミナーを平成26726日(土)に東京都で開催する。
10)    Equilibrium Research725号から第734号を発刊する。
11)    専門会員の資格審査を行う。
12)    一社)日本めまい平衡医学会認定めまい相談医の承認を行い本制度に係わる事業を推進する。
13)    平成25年度掲載論文から学会賞を選考する。
14)    めまい疾患診断基準の改定について協議する。
15)    検査機器の規格や使用マニュアルについて協議する。
16)    保険改定要望項目について協議する。
17)    各種委員会(ER誌編集委員会、学会のあり方委員会、渉外広報委員会、医療保険委員会、診断基準化委員会、セミナー委員会、めまい相談医制度運営委員会、バラニー学会ガイドライン委員会)を適宜開催する。
18)    日本耳鼻咽喉科学会主催による「関連する学会懇談会」に出席し、関連学会との連絡をはかる。
19)    Inner Ear Biology Workshop 2014 in Kyotoを後援する。
20)   その他学会の運営に必要な事業を行う。   
以上が伊藤壽一理事より報告された。

6.    平成26年度収支予算書報告
平成26年度収支予算書及びその内訳が土井理事より報告された。

7.    委員会報告及び承認
1)       専門会員資格審査委員会より(石川理事・伊藤彰紀理事・土井理事)
 専門会員資格審査委員会による審査を経て理事会からの推薦により、高橋真有、松吉秀武、田浦晶子、大塚康司各会員が新専門会員として承認された。
2)       めまい相談医制度運営委員会より(武田理事・喜多村理事兼委員長)
 運営委員会による審査を経て理事会からの推薦により、今年度43名の会員がめまい相談医に承認された。
3)       学会のあり方委員会より(伊藤壽一理事・肥塚理事・矢部理事)
 市民講座の開催平衡機能検査技師資格認定と検査技師会の設立、めまい相談医向け教育講習会、学会演題数の増加対策等について検討を重ね、またこれらの提言の実現に向けての方法を検討していくことが報告された。
4)       ER誌編集委員会より(伊藤彰紀理事・伊藤八次理事)
 近年5年間の投稿論文数及び受理数が報告された。また来年より会誌の配送業者を変更する旨、報告された。
5)      渉外広報委員会より(室伏理事・伊藤八次理事・喜多村理事)
 学会ホームページの作成及び更新作業等を外部委託することを検討していく旨、報告された。
6)       セミナー委員会より(石川理事・伊藤彰紀理事・土井理事)
 次回夏期セミナーを平成26726日(土)に予定しており、テーマを「耳石機能検査について」「海外のめまい診療について」とする予定であることが報告された。
7)       診断基準化委員会より(石川理事・伊藤彰紀理事・土井理事)
 重心動揺計の精度に関する注意事項を公表した。さらに検査機器の規格の申請を継続して行う。
8)       医療保険委員会より(室伏理事・矢部理事)
 学会に関係する保険診療報酬についての要望を継続して行う。

9)       法人化準備委員会より(武田理事・内藤理事)
 法人化までの経緯を説明し、今期をもって委員会を解散する旨報告された。
10)    バラニー学会ガイドライン委員会より(室伏、古屋、鈴木衞、肥塚各会員)、各めまい疾患の診断基準について本学会の見解をバラニー学会へ伝えた。

8.    学会賞発表
 学会賞選考委員会より推薦があり、理事会にて選考した結果、稲垣太郎会員(東京医科大学)の「末梢性めまい症例における腹臥位頭位眼振検査の検討」が選出された旨の報告があった。

9.    平成26, 27年度役員選出に関する件
 古屋選挙管理委員長より、定款及び選挙規定により公示した通り役員改選を行う旨、立候補者は以下の理事13名、監事2名で立候補者数と被選出者数が同一であることと、信任投票による選出方法について説明があった。結果、出席代議員の投票をもって過半数以上の信任により、以下の新役員が選出された。

理事:飯田政弘、池園哲郎、伊藤彰紀、伊藤八次、宇佐美真一、喜多村健、將積日出夫、鈴木 衞、内藤 泰、山下裕司、山岨達也、矢部多加夫、山根英雄
監事:深谷 卓、山本昌彦

 なお、被選任者は、席上その就任を承諾した。また理事長は、定款上、理事による互選とすることが説明された。

10.  理事長挨拶
 平成26, 27年度理事の互選によって鈴木 衞理事が新理事長として選出され、被選任者は、その席上でその就任を承諾し、代議員総会にてその旨の報告と挨拶があった。

11.  平成26, 27年度顧問に関し、承認を求める件
 高橋正紘(新任)、竹森節子(再任)、二木 隆(再任)、古屋信彦(再任)、吉本 裕(再任)、渡辺行雄(新任)の各会員を候補者として次期理事会へ推薦し、定款上、次期理事会より代議員総会へ推薦し、承認された。

12.  名誉会員について、新たに八木聰明会員を理事会より代議員総会へ推薦し、承認された。

13.  73回(2014年)総会・学術講演会に関する件
  次期会長である聖マリアンナ医科大学・肥塚 泉会員より、平成26115日〜7日に横浜市(パシフィコ横浜)での開催に向けて準備を進めているとの挨拶があった。

14.  74回(2015年)総会・学術講演会に関する件
岐阜大学・伊藤八次会員に決定している旨、報告された。

15.  75回(2016年)総会・学術講演会会長に関し承認を求める件
近畿大学・土井勝美会員を理事会より推薦し、承認された。

  議長は、以上の本日の議事終了を述べ、1550分閉会した。
  
以上の決議を明確にするため、この議事録を作成し、議長及び議事録署名人2名がこれに記名押印する。

 

      平成2511月13

72回一般社団法人日本めまい平衡医学会代議員総会

議長・代表理事  渡邉行雄

議事録署名人     下郡博明
同          五島史行