一般社団法人日本めまい平衡医学会理事会議事録
平成25425日(木)14時〜16時(於:グランドプリンスホテル高輪 撫子)

*理事10名と監事1名が出席したので、会は成立した。

【協議事項】
1. 日本めまい平衡医学会理事会及び評議員会総会議事録(平成241128日,30日開催)については、持ち回り理事会にて既にこれを承認済みである。
2. 日本めまい平衡医学会解散日(平成25131日)付の決算について経理(土井理事)より説明があり、会計監査(平成25220日付)について江上監事より適正であった事の報告があり承認された。この件については平成251116日開催予定の法人代議員総会へも報告することが既に決定している。
3. 専門会員資格審査内規の改定について、伊藤彰紀理事より説明があり、研究論文の取り扱いについての改定を承認した。また前回の審査で保留となっていた会員の認定が報告された。
4. 平成24年度学会賞について、理事による投票の結果、稲垣 太郎会員『末梢性めまい症例における腹臥位頭位眼振検査の検討』に決定した.
5. 古屋選挙管理委員長より、代議員選挙立候補状況と投票方法について説明があった。

【報告事項】
1. 一般社団法人日本めまい平衡医学会の設立と日本めまい平衡医学会の解散について、渡辺理事長より経過説明と報告があった。また法人設立に伴い、税理士事務所との業務契約を締結したとの報告があった。
2. 学会会員の異動について、庶務(肥塚理事)より報告があった。 

〔委員会報告〕
3. 学会のあり方委員会(矢部理事)より、市民講座の開催等についての提言があった。
4. 法人化準備委員会(内藤理事)より、法人登記の完了と経過報告があった。
5. めまい相談医制度運営委員会(喜多村理事)より、今年度の申請についての説明と引き続き広報を行っていく旨報告があった。
6. ER編集委員会(伊藤彰紀理事)より、新教育講座「難治性めまいへのアプローチ」を開始す
事と投稿及び編集状況は良好であるとの報告があった。

7. 第30回医師講習会について、担当校の近畿大学・土井勝美会員より説明と協力要請があった。
8. 第31回(平成26年)医師講習会の担当校の推薦について、担当委員会より石川和夫会員(秋田大学)が推薦され、承認された。
9.  43回平衡機能検査技術講習会について、担当校の都立広尾病院・矢部多加夫会員より説明と協力要請及び広報活動について報告があった。
10. 第44回平衡機能技術講習会(平成26年)の担当校の推薦について、渉外広報委員会の室伏理事より内藤泰会員(神戸市立中央市民病院)が推薦され、承認された。
11. セミナー委員会(伊藤彰紀理事)より、H25年度夏期セミナーについて説明と参加要請及び広報活動について報告があった。
12. 診断基準化委員会(肥塚理事)より、ENGJEITA規格は完成したとの報告があった。なお、VOG機器の基準化、BPPVガイドラインのビデオ化、重心動揺計の規格、新診断基準の策定等は進行中である。
13. 医療保険委員会(室伏理事)より、新規に要望を挙げる予定である項目が報告された。
14. バラニー学会ガイドライン小委員会の各担当より、進捗状況の報告があった。
15. 第72回日本めまい平衡医学会総会・学術講演会について、山根英雄会長(大阪市立大学)より内容説明と協力要請があった。
16. 第73回(平成26年)及び第74回(平成27年)日本めまい平衡医学会総会・学術講演会について、肥塚泉第73回会長(聖マリアンナ医大)及び伊藤八次第74回会長より、それぞれ決定している日程と会場の告知と協力要請があった。
17. 2013622-26日に秋田で開催される「2nd Joint World Congress of ISPGR and Gait & Mental  Function」について、石川会長の代理で室伏理事より現状報告と協力要請があった。
18. めまい相談医向けの教育講習会を企画してはとの提言があり、検討することとなった。