日本めまい平衡医学会理事会 平成23915日(木)

【協議事項】
1 理事会議事録(平成23224日,持ち回り理事会)について確認修正作業を行い、これを承認した。

2. 
平成23年度事業報告・平成24年度事業計画(案)について、庶務(肥塚理事)より提案があり、加筆修正後、評議員会総会へ提出することとなった。

3. 平成23年度決算・平成24年度予算(案)について経理(土井理事)より提案があり、評議員会総会へ提出することとなった。

【報告事項】
1.  学会会員の異動について、庶務(肥塚理事)より報告があった。
 
2. 
めまい相談医制度について、めまい相談医制度運営委員会(武田理事)より、申請者数等の現状報告と 今後の日程が報告された。また、更新や教育講習会について今後検討することとした。

3.  ER誌編集委員会(鈴木理事)から、来年より新シリーズ教育講座「めまいを総合的に診る」の連載が 開始されるとの報告があった。

4.  診断基準化委員会(山本理事)より、5月に開催された「Videoカメラによる眼運動記録解析に関するワークショップ」についての報告と、ENGJEITA規格及び重心動揺計のJIS規格改訂についての進捗 報告があった。

5.  医療保険委員会(石川理事)より、今年度の報告があった。

6.  28回(平成23年度)医師講習会について、担当校(東海大学/飯田政弘会員)からの書面をもって、学術(宇佐美理事)より報告があった。

7.  41回(平成23年度)平衡機能検査技術講習会について、担当校(東京大学/山岨達也会員)からの書面をもって、渉外広報委員会(室伏理事)より報告があった。また言語聴覚士の受講について、法律上検査業務が行えないこともあり、来年度からは受講を不可とすることとした。

8.  平成23年度夏期セミナーについて、土井理事より報告があった。

9.  20回国際姿勢・歩行学会について石川会長より、東日本大震災により2年後に延期となったことが報告された。

10. 70回(平成23年度)日本めまい平衡医学会総会について、山本昌彦会長(東邦大学佐倉病院)より、内容説明と協力要請があった。

11. 専門会員資格審査委員会(石川理事)より、資格審査基準と資格継続基準についての改訂案を、引き続き検討する旨報告があった。

12. 本年の役員選挙の方法について、信任投票を行うことを確認した。