日本めまい平衡医学会理事会ニュース 平成22930

【協議事項】
1理事会議事録(平成22617日開催)について確認作業を行い、これを承認した。

2.
平成22年度事業報告・平成23年度事業計画(案)について武田理事より提案があり、加筆修正後、評議員会総会へ提出することとなった。

3.平成22年度決算・平成23年度予算(案)について土井理事より提案があり、評議員会総会へ提出することとなった。

4.めまい相談医制度について、学会のあり方委員会(武田理事)より提案があり、提案内容を若干修正してこれを了承し、制度内容(めまい相談医に関する規定・会則)の詳細を引き続き検討した上で、本制度の設立を今年度の評議員会・総会へ提出することとなった。

5.学会の法人化について、法人化準備委員会(鈴木理事)より説明があり、今後の法改定の動向や他学会の動向、代議員制に移行するときの問題点などをについて討論した。学会の法人化については引き続き検討を続けることとなった。

6.平成24年度 71回日本めまい平衡医学会総会担当校について、東京医科歯科大学・喜多村健会員を総会に推薦することを承認した。また第72回担当校に、大阪市立大学・山根英雄会員、第73回担当校に聖マリアンナ医科大学・肥塚泉会員をそれぞれ推薦する予定となった。

7.42回(平成24年度)平衡技術検査技術講習会について、渉外広報委員会(室伏理事)より、近畿大学・土井勝美会員が推薦され、承認した。

8.参与について渡辺理事長より提案があり、小寺一興、古屋信彦、八木伸也の各会員を推薦することとした。

9.メニエール病診療ガイドラインについて、渡辺理事長より提案があり、出版後の著作権等の管理を本学会で担当することが了承された。

【報告事項】
1.学会会員の異動について、肥塚理事より報告があった。

2.診断基準化委員会(山本理事・石川理事)より、検査機器の規格と診断基準についての進捗報告があった。

3.27回(平成22年度)医師講習会について、担当校の山下理事より書面で報告があった。

4.40回(平成22年度)平衡機能検査技術講習会について、担当校の室伏理事より報告があった。

5.平成22年度夏期セミナーについて、土井理事より報告があった。

6.69回日本めまい平衡医学会総会について、担当校事務局の坂本幹事より説明と協力要請があった。

7.6回メニエール病学会について、担当校の伊藤理事の代理として坂本幹事より説明と協力要請があった。

8.70回日本めまい平衡医学会総会について、山本会長より概要説明があった。

9.2011618-22日に秋田で開催される国際姿勢歩行学会について石川理事より、協力要請があった。