日本めまい平衡医学会理事会ニュース  平成2121日(日)

【協議事項】
1. 理事会及び評議員会議事録(平成201029日開催)について確認作業を行い、これを承認した。
2.  学会のあり方委員会からの提言に基づき、学会認定医制度について検討した。
3. 11月の理事、監事選出のため選挙管理委員会が発足し、委員長に竹森節子会員、委員に坂本達則、高橋克昌各会員が選出され、理事長が委嘱した。
4. 学会会員の異動について、内藤理事より報告があった。
5. 今後の理事会開催日は、514日、618日、917日とすることが了承された。
6.6回国際メニエール病学会について、伊藤壽一会長より平成221115日−17日に京都市において開催する旨報告があり、日本めまい平衡医学会が後援することが承認された。
7.   臨床検査技師からの要望が竹森監事より提出され、今後診断基準化委員会で検討することが了承された。

【報告事項】
1. 68回(平成21年度)日本めまい平衡医学会総会・学術講演会について、徳島大学・武田憲昭会長より、会期中に専門会員の会を開催する等の概要説明があった。
2.平成21年度(26) 医師講習会について、担当校の宇佐美真一会員より内容説明があった。
3. 平成21年度(39回)平衡機能検査技術講習会について、担当校の山本昌彦会員より内容説明があった。
4.平成21年度夏期セミナーについて肥塚理事より、専門会員の紹介は学会会期中へ移行する等の説明があった。またセミナー出席により、日本耳鼻咽喉科学会専門医認定単位、日本医師会生涯教育制度認定単位を取得可能とした旨報告があった。
5. 平成23年度(第70回)日本めまい平衡医学会総会・学術講演会について、担当予定校の喜多村理事より、日程を20111123日−25日とする予定である旨報告された。
6. 各講習会証書の再発行について喜多村理事より、紛失・氏名変更に等による再発行は可とし、また受講生以外に対する講習会テキストの販売については、不可とした旨報告があった。
7.評議員の就任依頼について、内藤理事より各機関の教室主任に依頼し、4名が入会、評議員に就任されたとの報告があった。今後も随時新任主任に依頼することを確認した。
8.  ER誌の広告について鈴木理事より、今年68巻より年間募集し、現時点で10社の応募があり、増収につながった旨報告された。
9.診断基準化委員会で作成中のBPPV診断ガイドラインについて山本理事より、進捗状況の報告があった。
10. 石川理事より、2011年国際姿勢学会を秋田で開催する予定であると報告された。