良性発作性頭位めまい症

 

どんな症状?

良性発作性頭位めまい症は、ベッドに寝たり、ベッドから起きたりするときに30秒から1分程度の回転性めまいとしてみられます。難聴、耳鳴や手足のしびれなどの他の神経症状を伴いません。 また、首を後ろにそらしたり、後ろを振り向いたりしたときにも浮動感として感じる人もいます。美容院で頭をさげてシャンプーをしたり、歯科診療の際に仰向けに寝たりする時にも同様の症状がおきる場合があります。回転性めまいとは限らず、不安定感、浮動性めまい、立ちくらみとして発症することがあります。比較的高齢の方に多く、とくに更年期以降の女性に多くみられます。

 

なぜ起きるか?どのように診断されるか?

内耳にある卵形嚢にある耳石が剥がれ落ち、同じ内耳にある三半規管(とくに後半規管)に入り、頭部を動かすときに刺激となることが、良性発作性頭位めまい症の主な発症原因と考えられています。

その原因となるのが、頭部外傷、内耳での感染、その他の内耳障害、加齢に伴う変性などですが、長期臥床も発症に関連すると考えられています。しかし、そうした耳石は内耳の暗細胞で再吸収されることで消失し、自然融解すると言われています。そのため、症状は2-3週間で、自然治癒していく症例もみられます。また、良性発作性頭位めまい症の症状に、半規管機能低下や難聴が伴う場合は循環障害などを考慮する必要があります。診断には、図にあるように頭位変換時の眼振を観察して行います。非典型的な眼振を認め、医師が脳梗塞や脳腫瘍などの存在を疑った場合、脳のMRI検査を行うことがあります。

 

 

 

 

 

 

 


治療法は?                                                                                                            

自然治癒の経過をたどる場合もありますが、治療はめまいに伴う吐き気などを抑えるための薬物治療が行われます。図にあるように、剥がれ落ちて、遊離した耳石を卵形嚢の方向に戻すための理学療法が行われます。難治性の場合は、手術により半規管を充填する方法などがあります。

また、患側の耳を下にして寝ることは避けるようにします。ベッドから起きるときはゆっくりおきて、その後しばらくは、座った状態を保ってから起きあがるようにします。しゃがんでものをとるなど、あまり頭を下げる行為は避けたほうがよいとされています。全体では、1年で再発率は30%、5年では50%と再発率も比較的高いとされています。骨粗しょう症、高脂血症など基礎疾患がある場合は再発率が高く、難治性になることが多いので、基礎疾患の治療は重要です。